信用取引の重要性

アドバイスをする

どんな市況でも活用できます

現在の資本主義社会において金銭は何より頼りになります。勿論、人間関係等のように他にも信頼できる存在はありますが、他者が常に身近にいるとは限りません。身近な様々なトラブルから司法機関まで大抵の事柄は金銭的な処理をすることで事態を収束させることが一般的です。金銭は労働で得ることが主流ではありますが、株式等の投資行動でも得ることができます。 投資は上昇相場であれば誰もが順調に利益を得ることができますが、下降相場では単純な売買だけでは利益を得ることは困難です。そんな時に信用取引が活用されます。現在の日本経済は長く続いた不況からの回復傾向にあると言われますが、市況は予断を許しません。信用取引を理解してどんな相場でも対応できることが望まれています。

信用取引は信用だけが担保ではありません

投資活動をするためにも資金が必要です。しかし、その資金を確保すること自体が難しいことでもあります。信用取引は投資家を信用してもらうことで証券会社から株式を借りたり資金以上の投資活動を可能にします。 しかし、信用取引は単純に証券会社が投資家を信用をしているだけで資金を提供している訳ではありません。通常の取引手数料以外にも金利等の各種経費が必要になります。また、担保として一般的に取引を行う金額の数十%以上の現金・株式等を預けることになります。この担保は株式相場の下落等で価値が下落して規定の担保額以下になってしまうと追加保証金が必要になります。もし追加保証金を期限内に預けることができなければ、保有する株式等を自動的に売却されてしまいますから注意しましょう。